酸素の有る無しの違い

ジョギングやスイミングに代表される有酸素運動。
これらはちょっと激しくて、辛く感じる運動ではないでしょうか。
自分を追い込んで運動するイメージがありますね。
有酸素運動に共通することは、呼吸を意識して酸素を体の中に取り込む、という事です。
簡単に言うと、ちょっと息が上がるような運動です。
運動というよりは、楽しくできる趣味として、ダンスも同じです。
どの運動も、やっていくうちに「もっと上手になりたい」「もっと速くなりたい」といって向上心が出てくるものではないでしょうか。
これら技術をあげていくためには、体を鍛えることが不可欠になってきます。
鍛える、というとなんだか苦しそうですが、簡単に言えば「筋肉を付ける」ということです。
筋肉があることで力強いエネルギーとなり、速く走ったり、思い通りに体を動かすことができるわけです。
体に負荷をかけることが体調維持に良いことに繋がってきますが、お年寄りの方や運動が苦手な方もいますよね。
嫌々やっては、せっかくのやる気もなくなってしまいます。
そこで、体を動かす手軽な方法として、ウォーキングがあります。
ある程度の時間歩くだけで健康維持に効果があると言われる、有酸素運動です。
昔に比べて歩く機会が少なくなっていますから、意識的に行う人が多く、朝早い時間に公園を歩く人を見ることがあるかと思います。
運動量を時間で稼ぐ方法です。
一口に運動といっても、その方法は様々です。
また、体型だけでなく、他の器官への良い影響も確認されています。
体を動かすとどう健康にいいのか、どんな効果があるのかを見ていきましょう。

TOPへ戻る